いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

子供の感動を忘れちゃぁ、イカン。


「ドラえもん のび太の恐竜2006」

↑ダーに買って貰いました (*´∇`)ノ

ぐへへ♪


ドラえもんが一新されてから、一度も観た事がなかったので、
観る前は、

「違和感を覚えて、物語に集中できないのでは・・?」

と、いう感じで少々ビビっておりました。

んが、観てみたらその不安は一掃されました。

・・全然気にならなかったです。(笑)


何でかって?

そりゃ、物語の完成度のお陰かと。


ドラえもんほど、国中で愛されてるアニメというのは、
新しい形に変えようと思うと、何をやっても批判が耐えないと思うのですが、
作品から見えてくるは、物語に対しての熱意。
古い作品を愛してなお、新しいものを作って行こうという姿勢が伝わってきました。


元々、子供って、毒があるものだと思うんです。
のび太 やドラえもんが悪乗りするところなどは、観てる子供は一緒にやりたくなるんじゃないかなぁ。。

後は5人で歩いてゆく様子とか、
一緒になって、体感させようという気持ちが伝わってきました。

愛着があるのは分かるのですが、

  「何が違う、コレが違う」

と観るには勿体無い作品だと思います。


この5人のような気持ちを持ったまま、大人になりたいなぁ…・・。

最後の漫画のコマのシーンが、より泣けました。(笑)
映画 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<或る旅人の日記。 | HOME | 今年の終わりに。>>

この記事のコメント

半月たってしまったけれど・・
明けました。本年もよろしくです。
仕事その他が忙しくて、新年の挨拶できず、失礼・・。

劇場版第一作は、話がとても綺麗にまとまっているので、良いですな。子供の頃、映画館で見たのを思い出す。
リメイク(2006)もテイストは失われていないようで、何より。
2008-01-17 Thu 02:01 | URL | TOS #sW.pyMog[ 編集]
なンつーか、現実を受け止めるって事も大事だよな。
「子供は天使」とか「穢れない」とか?
そういうのを理想として持つのもイイけどさ?
ガキってのは凄ェ残酷なんだよな…それと純粋な毒の塊。
ま、わざわざ見せ方をダークにする事は無いと思うけど
それを上手く昇華させたのが「クレヨンしんちゃん」と思うンだな、俺。

ま、子供はチンコ・ウンコが好きってこった。(笑)
ドラえもんにも日常会話でそれが出たら、俺は本物だと思う。

帰ってきたら色々映画を観ような。
2008-02-04 Mon 19:05 | URL | イチロウ。 #K97lpksc[ 編集]
>TOSさん

新年明けまして、おめでとうございます。(遅)
なんだかんだ長い付き合いになりましたねぇ…。
チャットしてた頃は、思いもしなかったけれど。(笑)

うん、何より奥さんが新年迎えるときに、退院できて良かったなぁ…と。
TOSさんも余り無理なさらないで下さいね。


映画は結構良かったので、次回も見ようかと思ってます。
ってか、TOSさん、漫画も詳しかったっけ?(汗)
ゲームのイメージが強すぎる。(笑)



>イチロウ。さん

うん、実際、優しいのは大人だし(無論人に寄るが)、子供ほど純粋な悪意は無いと思ってます。
まぁ、変な駆け引きとかはないけどさ。

クレヨンしんちゃん…・・・あぁ、何か判るわ。(笑)
まぁ、子供じゃなくても、好きな奴はいるけれど。(爆)

うん、「ただいま」の後日、楽しみにしてます。
2008-02-18 Mon 15:33 | URL | CAN #SjLZTTiM[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。