いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

インセプション 監督:クリストファーノーラン

inception.jpg   


とっても丁寧に作られた作品。

時間を感じさせない映画でした。

世界の設定については至極シンプルだと思うのですが、
各レベルの緊迫感を一緒に盛り上げる為か、
夢にしてはやや決まり事に縛られすぎたかな…と思います。
階層の違いについても、ビジュアルで明確に分けているつもりだろうけど、分かり難い。
が、途中で考える余裕があったので、まぁ良し。

愛情表現に関しては、若干表現が乏しいかな…と思いました。
時間を費やしてる割に・・監督の苦手な部分なのかも知れないですね。


<以下ネタバレ>

色々な考えがあると思いますが、
個人的には、インセプションの発想自体が、コブが作りあげたものであり、
奥さんを無くした痛みを、掘り下げたものが、この映画だと思いました。

理由としては、他の人物のメリットが余りない事、
サイトーさんほどの権力を持つ人が、あんな時間を割いて小ざかしい事をするか、という事。
口約束の割りに、話しが円滑に流れすぎてるかなぁ、と。


彼の目的は亡くなった奥さんの影を断ち切るものであると考えれば、
やはり、このお話はHappy Endかな。

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Drag Me to Hell 監督:サム・ライミ | HOME | 「告白/監督:中島哲也」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。