いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2012 (2009年/アメリカ)


「2012/監督:ローランド・エメリッヒ(2009)」


CGすっごぃ。
始めに迫力でガツーンっとやられた後、話が妙に間延びする。
ストーリーは突っ込みどころ満載。
でもその代わりに、この世が終わりがきたらどうするんだろうなーと、考える時間が出来た。
結構、真面目に考えた。

ありふれた結論なんだろうけど、
日常に感謝して、普通に過ごす…・・かな、きっと。

残念ながら、ノアの箱舟には乗れない人間だろうし。
他人を蹴飛ばしてまで乗りたいとも思わないけれど。



迫力のある映画って、それだけでやっぱり凄いな・・と思わされた映画でした。
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<結局、子供のまま。 | HOME | ダーククリスタル>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。