いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

宮本輝。

部屋の本棚には、宮本輝の作品がズラッと並んでいるのですが、
ふと、「何処が好きなんだろ?」と想ってしばし考えてみる事に。


宮本さんの作品を読んでいる時…、
例えば村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」を読破した時の様に、
謂われのない高揚感 とか 鳥肌が立ったり、とかそういう事は無いんですよ。

宮本さんの作品は、読みやすい言葉で淡々と物語が進められてゆきます。
そして言葉がとても綺麗。。。

個性豊かというか、大体少し偏屈な人達が登場してるのですが、
人の弱さも狡賢さも含めて、最終的に憎めない人達ばかり…。
読んでいて、宮本さんって人間が好きなんだろうなぁ…と想います。

作品の舞台は関西が多く、それは宮本さんが兵庫にいた事と関係しているのですが、
登場人物が関西弁を使っていると、とても優しい感じがするんですよね。
私が方言に憧れを持っているからかも知れませんが、そういうシーンがあると、思わず顔が綻んでしまいます。

特に男性のリアリストは、ロマンチストと裏腹な部分を持っていると想います。
(判らない人はスルーして下さい)
そして、そんな人が私はとても好きなのですが、
宮本さんも、多分その一人じゃないかな、と想います。

感想 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<麗しのメイド服。 | HOME | 授業と勉強と知識。>>

この記事のコメント

無理やり関西弁になるぞ?(笑)

>人の弱さも狡賢さも含めて、最終的に憎めない人達ばかり…。

この部分に興味を持ったよ。
って、凄く人間として豊かなハートを持つのに大事なモノ。
凄く上手く言い表せてるなーと思った。
ま、それは兎も角…俺も読んでみる。
近いうちに報告するよ。
2007-03-12 Mon 11:29 | URL | イチロウ。 #K97lpksc[ 編集]
イチロウ。さん、気分が少し乗った感じの時、関西弁になりますよね。
あれ、スキ。(笑)

”豊かなハート”って難しいなぁ…・・と思うのです。

  「五感を殺させない」

これ、むか~し、先生が言ってたことなんですけど、
普段生活していると、何となく鈍感になってきて、
子供の時に感じた様には、何かに感動したり、キラキラしたものを掴みに行ったり、できなくなるじゃないですか?

だから、この言葉は今でも大事にしてます。
2007-03-15 Thu 19:03 | URL | CAN #SjLZTTiM[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。