いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北海道旅行記 (三日目-知床半島)

ちょいっと更新が遅くなりましたが、北海道旅行 三日目。
この日の移動経路は、宇土路→羅臼→オホーツク海→網走を抜けてサロマ湖へ。






②ゴジラ岩
宇土路から知床岬まで廻る船を予約していたのですが・・・、まさかの欠航。
しばらく漁師さんの近くをウロウロしてゴジラ岩をパシャリ。

③羅臼国後展望台
仕方ないので、羅臼まで移動し、国後島が拝める展望台へ。
北方領土の余りの近さに、一瞬息を呑みました。
もし羅臼に訪れる事があれば、是非足を運んで欲しい場所です。

んでもって、羅臼の「道の駅」で、船を調べて見ると、羅臼からの観光船は全て出航している。
知床半島の左側と右側でこんなにも違うとは…。

④天狗岩
船の出港まで時間があるので、その辺をお散歩。
北海道の岩は、味があってイイ。
でも岩に留まってるのはやっぱり鴉なのね。。

⑤クジラ・イルカウォッチング
午後出発の、船に参加。
クルーズに関しては此方をご参照下さいまし→

まず、国後島が近い。
肉眼で島の様子が覗えるほど。
そもそも知床から24km程しか離れていないそうです。
船で境界線まで行きましたが…不思議な感覚でした。
こんなに近いのに・・・届かないのね。

波はやや高めでしたが、我慢できないほどではなく、イイ感じ。
でも残念な事に、海が黒っぽいので魚が全然見えナイ。
時間も昼間なので、魚が潜っちゃってるんだよね。
だから海鳥も余りいイナイ・・・。
イシイルカの群れに出会いましたが、尾鰭しかみえナイ。。
マッコウクジラにも二頭出逢えましたが、遠い・・遠すぎて・・・飛沫しか見えナイ・・。

う~ん・・・難しいなぁ…・・と思いました。

釣り用のサングラスを持って行けば、幾分ましだったのかしら…?
冬季も船は運航しているそうなので、流氷に囲まれた別世界がありそうです。


⑥サロマ湖鶴雅リゾートホテル
16時半頃に羅臼を出発してサロマ湖へ

ホテルは全部屋夕日が臨める作りになっていて、部屋に望遠鏡までついております。
が、18時10分の、日の入りに間に合わず・・・・。
もの凄く良い景観だったので、残念でした。
こちらのホテル(サロマ湖鶴雅リゾートホテル )は機会があれば、冬にまた泊りに来たいです。





                        つづく
旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<北海道旅行記 (四日目 サロマ湖~旭川) | HOME | 北海道旅行記 (二日目- 阿寒湖・知床)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。