いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

脳梁の太さで片付けて良い?

22時過ぎに家に着いた。
母親の顔を見た時、嫌な予感がした。
案の定、猫の容態が思わしくない事を知る。

もう少しで17歳になる猫が、最近変だった。
妙にお腹が出ていて、ご飯を制限泣く食べ続ける。
甘える時も、弱っている動物独特の雰囲気があった。
父が 「すぐに病院へ連れて行った方が良い」 と、判断した。

私も嫌な予感がした。

腹水が溜まる病気って、軽いものはないから。
それに、隣でグースカ寝てる別の猫には、何の影響もなさそうなので感染症の線は薄い。
どこかに腫瘍があるのかもな…と思いつつも、口にはしなかった。

人間ってホント不思議で、
不幸を知らせる電話が鳴ると、瞬間的に予感が閃く。
理屈で説明できない、嫌な予感。

今回もそれに近いモノがあった。
取り越し苦労なら、それに越したことはないけれど。

自分の出来ることは殆ど何もない。
せめて、出来る限り傍にいてやること。
最期まで見届けること。
結局これしかないから。

だから、一緒にいよう。
家族 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夏なのに食欲が減らない、何故?(汗) | HOME | SIGN>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。