いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

近いのは少女漫画かも。

最近読んだ小説 → 恩田陸さん

常野物語/恩田陸
・光の帝国
・蒲公英草紙
・エンド・ゲーム

・六番目の小夜子(処女作)
・ねじの回転―February moment


出逢いは「光の帝国」の題名と、青の表紙に惹かれて購入。
最近気付いたのだけれど、どうやら私は青い色に弱いみたい。

うーん、・・・御伽噺のような綺麗なお話でした。
文章は…何と言うかとても女性らしいと思います。
ノスタルジックでとても耽美。
好きな作品傾向です。
恩田さんの作品は読みやすいし、読者に想像させるのが上手だなぁ…と感じて、次々と読破。
どれを読んでも思うのは、惹きこませるのは上手だけど、終盤にかけて話は急下降。
謎解きを楽しむのではなくて、
惹きこむドキドキ感を味わうべき作品かも。

その分、何度も読み直したいと思う作品ではなかったなぁ。。

スポンサーサイト
感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。