いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

かいじゅうたちのいるところ (2009/アメリカ)

今年一本目の映画ナリ。
あ、絵本は未読です。


「かいじゅうたちのいるところ (監督:スパイク・ジョーンズ)」



全体に溢れてた、光の色が印象的。
優しいお天道様の色。
それを支える影の色。

かいじゅうの表情が凄く繊細で、
行動も感情も人間っぽい。
だからこそ、親近感や優しさが伝わってきました。

瞬間的に沸き上がる高揚感とか、
感情のままに走り回る呼吸とか。

水も砂漠も森も傍にあって、
童話さながら、空想と現実の交差が良く表現されたと思う。
この混ざり合った部分に、小さい頃から惹かれていたから。

世界観も、音楽も好きなんだけど、
・・・・もうちょっとテンポがあっても良かったような気が・・。
まったりしすぎて、ちょっと眠かったです。


スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。