いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北海道旅行記 (四日目 サロマ湖~旭川)

四日目は、最後の宿泊日。
移動経路はこんな感じ。

四日目(サロマ湖-旭川)


前日とうってかわって、写真多し。



①  サロマ湖鶴雅リゾートホテル
この旅の中では、一番お気に入りのホテル。
お食事も美味しくて、サロマ湖で取れたばかりのホタテを頂きました♪
朝は野鳥も多くて、その中に鷹も観られました。

② 北きつね牧場
キタキツネを一匹も観られなかったので、怪しい雰囲気の牧場へGO。
入場料は 一人¥500。
キタキツネは数匹しかおりませんでした。
割合古い施設みたいですが、その割にキツネが人慣れしていないのが印象的でした。
キツネって人に慣れないモノ?
それとも、ムツゴロウさんだけが特別?

③ 層雲峡
紅葉シーズンにはさぞかし見応えのあるだろう、ダイナミックな風景。
ロープウェイで途中まで昇りました。
今回はあいにくの曇り空で、山が見渡せませんでした。
また行きたいなぁ。

④ 旭川動物園

まずは、白くまぁのもぐもぐタイム♪
しっぽと後ろ足がめっちゃキュートです♪

次に、黒狼と、白狼さんは、意外と小さくてビックリ。
シベリアンハスキーより小さい気がする…。

父は、毎年干支の動物を撮りにいくのですが、
今回の目的は勿論、虎。
一生懸命撮影するも、中々難しそうでしたがな。

レッサーパンダ君。
このノロい動きに人はやられてしまうのだろうか・・。
丸くて、温かくて、小さくて、ノロいものを人は愛らしいと感じますよね。。

ペンギンさん。
サービス精神旺盛。
ペタペタと歩き、目の前で立ち止まってくれる。
ココで閉館の鐘が・・・。

動物園を訪れると、「動物達は此処にいたくはないのだろうなぁ」と思い、罪悪感が沸くのですが、
それでも普段見る事の出来ない動物に触れられると、つい心が弾んでしまう。
因果なものです…。

⑤ ロワジールホテル旭川
最後はビジネスホテルでしたが、15Fにあったレストラン ステラマリス は、
予想外に美味しかったです。
鉄板焼きはカウンターのみなので、予約が必要かも。
お父さんがいなければ、こんな所には入れないわぁ。。




次の日でLastです。

                                つづく
スポンサーサイト
旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

北海道旅行記 (三日目-知床半島)

ちょいっと更新が遅くなりましたが、北海道旅行 三日目。
この日の移動経路は、宇土路→羅臼→オホーツク海→網走を抜けてサロマ湖へ。






②ゴジラ岩
宇土路から知床岬まで廻る船を予約していたのですが・・・、まさかの欠航。
しばらく漁師さんの近くをウロウロしてゴジラ岩をパシャリ。

③羅臼国後展望台
仕方ないので、羅臼まで移動し、国後島が拝める展望台へ。
北方領土の余りの近さに、一瞬息を呑みました。
もし羅臼に訪れる事があれば、是非足を運んで欲しい場所です。

んでもって、羅臼の「道の駅」で、船を調べて見ると、羅臼からの観光船は全て出航している。
知床半島の左側と右側でこんなにも違うとは…。

④天狗岩
船の出港まで時間があるので、その辺をお散歩。
北海道の岩は、味があってイイ。
でも岩に留まってるのはやっぱり鴉なのね。。

⑤クジラ・イルカウォッチング
午後出発の、船に参加。
クルーズに関しては此方をご参照下さいまし→

まず、国後島が近い。
肉眼で島の様子が覗えるほど。
そもそも知床から24km程しか離れていないそうです。
船で境界線まで行きましたが…不思議な感覚でした。
こんなに近いのに・・・届かないのね。

波はやや高めでしたが、我慢できないほどではなく、イイ感じ。
でも残念な事に、海が黒っぽいので魚が全然見えナイ。
時間も昼間なので、魚が潜っちゃってるんだよね。
だから海鳥も余りいイナイ・・・。
イシイルカの群れに出会いましたが、尾鰭しかみえナイ。。
マッコウクジラにも二頭出逢えましたが、遠い・・遠すぎて・・・飛沫しか見えナイ・・。

う~ん・・・難しいなぁ…・・と思いました。

釣り用のサングラスを持って行けば、幾分ましだったのかしら…?
冬季も船は運航しているそうなので、流氷に囲まれた別世界がありそうです。


⑥サロマ湖鶴雅リゾートホテル
16時半頃に羅臼を出発してサロマ湖へ

ホテルは全部屋夕日が臨める作りになっていて、部屋に望遠鏡までついております。
が、18時10分の、日の入りに間に合わず・・・・。
もの凄く良い景観だったので、残念でした。
こちらのホテル(サロマ湖鶴雅リゾートホテル )は機会があれば、冬にまた泊りに来たいです。





                        つづく
旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

北海道旅行記 (二日目- 阿寒湖・知床)

二日目はちょっと大移動。

地図が判り難くて申し訳ないのですが、
番号順に追っていくと大体の移動経路が分かるかと。。


二日目


今回も上の地図とリンクしております。




②美幌峠
霧に包まれることもなく、絶景が拝めました。
標高は490m。
こうやって、ぼーっとできる時間は倖せだと感じる。

③ヒマワリ畑
終わりを迎えてるからなのか、なぎ倒されたお花たち…。
そう見えないように、写真を撮るのが大変でした。
ヒマワリには真っ直ぐ上を向いてて欲しいなぁ。

④阿寒湖
物凄い勢いで寂れてる…。
昔栄えた感じがうかがえる街並みが、より哀愁を漂わせておりました。
何か、哀しくなってくる。

⑤虹
写真をご覧下さい。

⑥オシンコシンの滝
知床半島最大の滝。
この辺は小さな滝が数多くあるみたい。

⑦知床峠
ウトロと羅臼の中間地点。
目の前に、国後島。右に羅臼岳。
運が良く、どちらも観ることができました。
国後島が見えたときの感動は・・・行って、実感して欲しいかな。
羅臼岳は、ラピュタを思い出した…。

⑧プユニ岬
334号沿いの岬。
真冬には流氷が見えるそうです。
夕陽をみて、泣きそうになった。

この日は、光の変化に恍惚とした一日となりました。



                      つづく

旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

北海道旅行記 (一日目 - 釧路・屈斜路)

北海道にいってきだどぉ♪

まず一日目は 羽田空港 → 釧路空港へ移動。
釧路空港でレンタカーを借りて、釧路駅付近へ。

一日目の移動経路はこんな感じ。

和尚市場 → 細岡展望台 → ザルボ展望台(道が分からなくて見逃した…)
  → 摩周湖 第1展望台 → 摩周湖 第3展望台 → 硫黄山 → 屈斜路プリンスホテル

視覚で見せるとこんな感じ。

一日目


本当は一枚一枚、写真を貼りたいのだけれど、重くなるのでスライドでゴメンよ。
上の地図と照らし合わせながら見てくれれば、判り易いのではないかと。




②和尚市場
意外と高い。どちらかというと観光人向けの市場で、イマイチ。
お魚は美味しいけど、鮮度は可もなく不可もなく。

③細岡展望台
釧路湿原が目の前に広がっていました。
見渡すと、地平線が丸くみえて・・・、うん、感動しました。

④摩周湖
この日の一番のお気に入り。
水の色が曇り空の下と、お天道様の下では、全然違って面白い。
水の透明度が断トツに高くて、吸いこまれそうなほど。

⑤硫黄山
臭い・・・硫黄は臭い・・。
次から次へと沸き出る温泉と硫黄。
暑さと、臭いと、ダイナミックさに圧倒。

⑥屈斜路プリンスホテル
温泉が◎
お料理はイマイチ・・・。
屈斜路湖はそこまで水がクリアではないみたいで、藻がたくさんありました。


弁が余り立つほうではないので、
スナフキンの名言、
「大切な思い出は人に話すと薄れてしまうものだよ」
を拝借して、短文のみで逃げておきます。。。
私が撮った写真から何か感じ取っていただければ、幸いナリ。


                                    つづく
旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

燃え上がぁ~れぇ♪ 燃え上がぁ~れぇ~♪

仕事を猛スピードで終わらして、
お台場へ行ってきました。

目的は勿論、ガンダムぅ♪




動いてました。
煙り出ました。
光ってました。

かっくぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!! (*ノωノ)キャーッ


満足ぅ♪
愉楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

戯言。

嬉し恥ずかし、スーツデートぉ♪

学生時代に、制服デートをしたことがなくて、
いつも道行く高校生カップルに羨望の眼差しを送っておりましたが、
ついに、おいらも仲間入りぃ♪(?)

しかし、仕事帰りに逢うのって、ドキドキなんだねぇ♪

・・・って、自分で書いておいて、哀れに思えてくる。(汗)
半年後に28歳になるくせに、まるで中学生みたいな事を・・。


でもでも、これでちょっと充電完了ヽ(=´▽`=)ノ



愉楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏、恒例です♪

でた!
でましたよ、奥さん!

冷やし中華でもなく、
限定商品でもなけりゃ、
ゴキちゃんでもございません。

その名も、「 ロシュツキョウ♪」

( ´△`)ハァ-

今年二人目だわぁ。
一人目は、中央線の車内で・・・。
そして二人目は、最寄り駅から帰る途中で・・。

何が面白くて、下半身なんぞ見せたがるのかなぁ・・。

相手は女の子の
    (*ノωノ)キャーッ
という反応を待ってるのでしょうが、

生憎、既に何人目か分からないほど、痴漢&露出狂を観てきてるから、
    ヾ(´ー`)ノハイハイ
ってな反応しか出てこない・・・。(笑)


一応犯罪だから、妄想で終わらせるか、性癖を理解してくれる彼女とやってくれ。
  ('д') rヤレヤレ
阿呆 | コメント:0 | トラックバック:0 |

僕の声はきっとあなたに届いている

高校時代の友達と六本木へ。
六本木って、数えるほどしか足を運んだことがない。
行くとしたら、美術館目当て。

まず、アイ・ウェイェイ展へ。

実は彼について何も知りませんでした。
興味もなくフラッと入っただけ。(汗)

観た感想は・・・とにかくメッセージ性が、とてつもなく強い。
伝え方もダイレクト。
アートという形をとった、先導者。
そんなイメージ。

でもって、特別展示室で小泉明朗さんの作品(映像)が上映されておりました。

koizumi.gif


これは・・・・・・・不覚にも泣きそうになった。

内容はというと、
まず、始まりの場面。

東京の交差点から、母親に電話する青年。

「うん、お母さん、元気?」
「心配しなくても、ちゃんと食べてるって」
「ねぇ、今度 温泉に行かない?」
「あぁ、お金の事なんか心配しなくていいって」
「だから、大丈夫だから」
「俺、払うからさ」

場面は変わり、同じ会話を繰り返す男性。
でも、電話の先は、カスタマーセンター。
母親に話しかけるも、
応えるのは、従業員の機械的な受け答え。
相手の訝しげな応答を無視して、母親と会話をし続ける青年。

うん、内容は、それだけ。

んでもって、上映室の机に、母親への手紙が置かれてました。

あまりにも切なくて・・・・これは、ちょっときた。(汗)



んで、美術館を回った後、お目当てのスカイ アクアリウムへ行って参りました。
友達といったんだけど、周りはカップルだらけ…うざったかったわぁ。。(泣)

お魚を光と色で幻想的に見せる、そんな場所でした。

デートにはいい場所かも♪


↓携帯で撮った割にはイイ出来だと思われる♪




十分に楽しんでまいりました♪



感想 | コメント:0 | トラックバック:0 |

苦手なもんは、苦手。

プロジェクトで歓迎会がありました。
お腹の調子が悪いのを堪えて、飲み会へGO。

昔からどうも、此の飲み会ってやつが苦手だったりする。
あ、勿論仲の良い人同士での飲み会は好きなりよ。

まず、上司の御機嫌を取り、世間話を聞き、場合によっては盛り上げ役に徹する。
気疲れが多くて、解散する頃にはヘトヘト。

でも仕事をする上で、意外と大事な時間だったりもする。
人と距離が縮まるし、仕事以外の話で盛り上がるのも必要だと思う。
それが分かってるから、最低限は参加するようにはしてるけど。
でもやっぱり面倒だなぁ。。(鬱)


仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あの頃ペニーレインと

d282bed7bb371f31e12ff8aa3fd2219d.jpg
あの頃ペニーレインと


始めの頃は、話が中途半端に散乱していて、
何を重点に観れば良いのか分からなかったけれど、
最後の方は、少年の切ない恋心に話がまとまっていきました。
打算のない真っ直ぐさっていいなぁ。。

この時代を過ごした人達には、宝物が沢山詰まってる映画。
純粋に「羨ましい」と、感じました。

映画の終わりでウィリアムの表情が大人っぽくなってるのが、凄くイイ。
全体を通して、人間らしい愚かさ、優しさが溢れている映画でした。


で、ケイト・ハドソンって、笑うと安達祐実 に似てるよね?(汗)

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Secret Window

seacret_window.jpg
Secret Window


ジョニー・デップと、スティーブン・キングの名前でピックアップ。
悲しいが、警官であるケンと話した段階で、ジョン・シューター が現実にはいない事が分かっちゃう。
だってベタなんだもん。

折角登場人物をこれだけ少なくしているのだから、
もっと心理的な側面を掘り下げるべきだと思う。
アングルとか、自然を効果的に使うことに関してもストレート過ぎて中途半端だし。

ジョニーデップはとっても演技が上手。
でも残念ながら、役柄とあっていない気がする。
何というか・・一見綺麗な顔をしていても、もっと眼の奥が濁って見える人が良かったように思う。
ジョニーデップだと、瞳が澄んでるし、凛とし過ぎ。
凄く好きな役者なんだけどさ。

辛口評価かなぁ。。

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

駅で 一人で、嬉々としてガチャポン回しますぅ♪

ガチャポンが小さい頃から、結構好きだったりする。
あの、ガリガリ鳴らしながら、ゴロンと出てくるカプセルがたまらなぃ。

今回、にゃウンド肉球をガチャポンにてゲット→  nyaund.jpg
あたったのは、ソックス猫の肉球。

これ、肉球を押すと「にゃ~♪」と鳴き声がする。
鳴き声があからさまに、人の鳴いた声だったりする。
そして機能も、鳴くだけだったり。。。

でもカワイイから許す♪

これを持ち帰り、無言でとーちゃんに渡す。




もう、とーちゃん 大喜び。(現在62歳)

ひたすらを肉球を押しまくり、家猫の耳元で鳴らす、鳴らす、鳴らす。
ひとまず落ち着いたら、ドライバーでネジをあけて、構造を調べ始める。
どんだけ嬉しいんだよ・・。

そして おもちゃの音で、猫が遊びに来たと思って、窓を開けるかーちゃん。

それをみて、大爆笑の、とーちゃん、にーちゃん。

いやぁ、何か和やかな時間をありがとう、エポックさん。



ついでに、にゃウンド肉球は、父が勝手に職場に持って行った。
職場で盛り上がっている様子。

チャンチャン♪


家族 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。