いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

子供の感動を忘れちゃぁ、イカン。


「ドラえもん のび太の恐竜2006」

↑ダーに買って貰いました (*´∇`)ノ

ぐへへ♪


ドラえもんが一新されてから、一度も観た事がなかったので、
観る前は、

「違和感を覚えて、物語に集中できないのでは・・?」

と、いう感じで少々ビビっておりました。

んが、観てみたらその不安は一掃されました。

・・全然気にならなかったです。(笑)


何でかって?

そりゃ、物語の完成度のお陰かと。


ドラえもんほど、国中で愛されてるアニメというのは、
新しい形に変えようと思うと、何をやっても批判が耐えないと思うのですが、
作品から見えてくるは、物語に対しての熱意。
古い作品を愛してなお、新しいものを作って行こうという姿勢が伝わってきました。


元々、子供って、毒があるものだと思うんです。
のび太 やドラえもんが悪乗りするところなどは、観てる子供は一緒にやりたくなるんじゃないかなぁ。。

後は5人で歩いてゆく様子とか、
一緒になって、体感させようという気持ちが伝わってきました。

愛着があるのは分かるのですが、

  「何が違う、コレが違う」

と観るには勿体無い作品だと思います。


この5人のような気持ちを持ったまま、大人になりたいなぁ…・・。

最後の漫画のコマのシーンが、より泣けました。(笑)
スポンサーサイト
映画 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。