いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

飛竜乗雲

ダーから貰った、ベアブリック。

雨の中、歩いている途中で知らぬ間に左脚を落とし、一日凹んだ…。

その後、右脚は何度も取れては付け直し、今度は、右腕まで取れました…。

初期。


現在
bearfin.jpg



酷い…。

これ以上、携帯に付けたままだと、
虐待になってしまう…と思ったので、
ボンドでくっ付けて、家でお留守番させてます。
満身創痍だわ。(汗)


ストラップもなくなって、
な~んか寂しくなったので、携帯電話をデコる事に。

携帯のはげてる部分をアートっぽくできないかなぁ…と考えて、
探すこと、2週間。
ベアの代わりに、龍にしました。

cellphone.jpg



うん、気に入ったにゃり。


スポンサーサイト
愛情 | コメント:0 | トラックバック:0 |

結局、子供のまま。

好きな人と逢って、
「またね」と言って帰り道が分かれる時、
とてつもなく寂しくなる。

きっつい時は、
振り返る事さえ出来ない。

単純に、温もりが離れるのが哀しいのかと、考えたけれど、
・・間違いじゃないけれど、なんかしっくりこない。

「話す相手によって、自分を変えることは怖い事だ」
という言葉を切っ掛けにして、
伝えてくれようとした意味とは異なるけども、
何となく納得できた。

好きな人といる時、私は子供になっていて、
心が剥き出しになったまま。
その心のままお家に戻るのが不安でしょうがない。

初めて一人に電車に乗って、
不安なまま窓を眺める気持ちに、
よく似ている。

そう感じている事は、
決して悪い事ではないなぁ…と思ったら、
大分落ち着いた。

それにしても、
いつの間に此れ程、防具を付けて歩く事に慣れちゃったんだろう。
歩き難くて仕方ないわ。

愛情 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。