いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

結局、バカは嫌い。

上司(やや失礼な人)に、

「もっと 人に興味を持つべきだ」
と、最近よく言われるのだが、

「魅力があったり ポリシーを感じる意見を持ってりゃ 自然に興味持ちますわ」

と言い返しそうになった。

「貴方の言葉には なんの魅力も感じられません」
って意味合いになるから黙ってたけどさ。


どうやら
「人は人。 他人には干渉せず、同調もしない」
と、いうスタンスが気に入らないらしい。

ホント煩いから、
自分達だけで上辺だけの仲良しごっこしててよ ( ゚д゚)、ペッ


私は余り自分の事を分かっていない様ですが(最近やっと自覚した)、
第一関門に設定しているハードルは異常に高いのは認める。
仕方ないでしょ 小心者なんだから。

周りの反応が面倒だから、
「他人に何も求めてません。期待もしなけりゃ 好き嫌いもない」
という、言い訳をしているが、
要は もう嫌いなんだろうね。


でも最近、
第一関門のハードルの高さ & 異常なまでのプライドの高さ & 人の本質を見抜く自信
これがあったから、今の自分の周りの人がいてくれるんじゃないかと思ってる。

スタート地点が高いから、
一度人を懐に入れたら、トコトン信じ切りたい。

言葉が深い意味を持って、人生に色が溢れてくる。
生まれてきて はじめて よかったと思える。


今があるから後悔しないや。


よって上司の意見は無視!(結論)


スポンサーサイト
人間 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ふとした瞬間。

スーパーで買い物している時に、

横から、「サンタァ~クロォ~イズ カムイ~ トゥー タァ~ン」
と、掠れたハスキーボイスが聴こえた。

50過ぎの寂れたおっちゃんが、口遊みながらお菓子を選んでた。


なんか・・・泣きそうになった。
が、そりゃ余りにも相手に失礼だろうと思って、すぐにその場を立ち去りました。



人の背負ってる、哀愁って、凄いなぁ。

今年のクリスマス、一番の想い出です。
人間 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さみしいかいぶつ

モンスターがやってくる
おおきな足音をたてて うなり声をあげている

モンスターがないている
モンスターは じぶんが まっくろで 
みにくいんだってことが わからない

だれも信じてくれない
だから かなしくて かなしくて ずっと叫んでいる
こんなにつらいのに って

モンスターがないている
かなしみは 怒りにかわる
ドンドン とびらをたたいて
ガチャガチャ カギをこじあけた

おおきなあかい瞳 さけた口
先のわかれた舌に けむくじゃらのからだ
ながい爪が キィキィ音をたてている

あかい目をみひらいて こう叫んだ

「おまえを食べて わたしもきえる」

モンスターが やってくる
けむくじゃらのかおには なみだのあと
あかい目は 怒りにもえて
さけた口は うなり声をあげている 

ひくい ひくい 声をだして
りょうてを ふりあげた


モンスターが やってくる


人間 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。