いろいろな光につつまれて 日々生きて..

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

たまには怒りも必要。

急な話ですが・・引っ越します。
うん。

いや、最近揉め事多くってね。

まず、アメリカのアパートって、日本に比べると遥かに作りが甘いのです。
簡単に壊れるし、修理も其の場凌ぎなので、またすぐに壊れる。

以前から、修理を何度オフィスに頼んでも、

「以前に修理について貴方から頼まれたのは違うスタッフだから、私は知らないし、責任もない
「直すようにいったんだけど、まだ来てない?」

と、まるで埒が明きません。


で、今回。
私の部屋は、アパートの二階に位置しています。そして、二ヶ月ほど前、バルコニーに穴が空きました。
別に特別な事をした訳でもなく、椅子に座ってたら重みで穴がベコッ。
元々、木材のブロックの上に、薄いコンクリートの板を張ってあっただけなので、脆くなってたのね。
バルコニーで花を育てていたので、水が漏れて、何度も下から苦情があり困ってた矢先、


・・・・・その穴に入り込んだ子猫が抜けられなくなり、
・・・・死んじゃいました・・。(泣)



死体は腐敗し、悪臭が漂い始める・・・。
ご近所さんからもクレームがありましたが、オフィスに話を付けに言っても動かず。
自力で何とかしようにも、死体の場所がわからず、コンクリートを剥がせず困った事に。


そして、その日。
ジェニファーがバルコニーを掃除するといって、水を撒き散らす事10分。

そのまた15分後。

私はピザを片手に、外の花を点検しようとしたその矢先、
蛆の大群がドアに向かって押し寄せてくるではありませんか!



◎×ж◆△●!!!


  ヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノ





蛆のお陰で死体が処理されるとは判っていても、数百匹の大群を見ると流石にきつい・・・。(汗)


きちんと写真を撮った後、塩と、塩素で攻撃開始。
殺虫剤系はまったく役に立たず、結局、塩が一番効いたのだが、
・・・・・・・・・・蛆、生命力強すぎ。(汗)


マネージャーを呼んでも来ず、アパートで修理を担当している人が、様子を見にやってきました。
同じアパート内に住んでいるにも拘らず、マネージャーが最後までアパートの状況を観に来なかったのね。


その理由を聞いたら、

「蛆を見るのがイヤ」


だ、そうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・これを聞いて私の怒りボルテージUP



無論、仕事なので責任はとらせますが、もうね、起こってしまった事をグタグタ言うのは、スキじゃない。
その事に対して、これからどう誠意を見せられるかが大事な所だと思うのです。


で、マネージャーが何か言ってくるまでひたすら無言で掃除を続ける私。
Jenniferは泣いて、叫んで、こういう時は冷静に判断できないし、
始めは様子を見に来たご近所さんも、井戸端会議で大忙し。


こんな時、人は助けてくれないと、心の中で思ってる自分が居ましたが、
それはアメリカ生活を乗り越える為に、一つ学んだ事ともいえます。


自分で対処できる事は自分でし、力が及ばないところは、人に頼む。
人に頼んでも出来ない事は・・・う~ん・・・・どうしよっか。(汗)



それはともかく、

クレームを付けて、二時間経過。

アパートの下にマネージャー(女)がやっと来た。(彼女のアパートから徒歩3分)
でも上がっては来ない。


ゴミ捨てに行くのに、イヤでも下を通らなくてはいけないので、ゴミ袋片手に降りていくと、


彼女が私を見て、

「ねぇ・・・・今日他のところに泊まりたい?ホテル代出せるけど?」


と、煙草を吸いながら仰いました。


この一言で、ワタクシ、マジ切れ

いや、ホント、珍しいくらいの、マジ切れ


・・・・・冷たい目線と共に、相手を見詰め返したら、
周りのご近所さん含め10数名、ピタッと話しをやめ、私を見つめる。

彼女も視線を逸らしたと思ったら・・・・・男の陰に逃げやがった・・・・。


いやぁ・・怒りの表現は国境越えるんだなぁ…・・と思いました。



この時にね、何というか・・色々なものを見ました。


本気で心配してくれる、おばちゃん。
関係ないのに、ひたすら謝ってくれた、修理のおじちゃん。
今回の件に便乗して、家賃を払わないで済まそうと喜んでる下の住人。
今尚、媚びた目で私を見る、マネージャーの女。
訳の判らん理屈で、宥めようとする、女の旦那。



いや、本当、イイ勉強になったわ。



そして現状、

死体の駆除、バルコニーの修復、カーペットの掃除を4日間で終わるように約束させる。(友達と母が8月末から来る為)

アパートのManagement Companyに写真を添えて、実態と対応のクレーム、アパートとの契約破棄、及び、退去の旨を書き手紙を送りましたが、未だ返事を貰えてません。

この辺は、法律に詳しい日本の友達に相談しておきました。



取り敢えず、9月末には引っ越します。
あぁ・・面倒 orz

スポンサーサイト
憂鬱 | コメント:3 | トラックバック:0 |

4th July

7月4日、インディペンデンス・ディ。

Americaの独立記念日であり、
家族揃ってバーベキューをしながら、笑顔と共に相手の近況を伝え合い、
また年に一度、花火を楽しむのが許されてる日でもあります。

うん、おめでたい日なんだけど、

実は余り良い想い出がない時期・・・・だったりします。



別に、この日を一人で過ごしたり、寂しい気分になったりってな訳じゃなく、

この時期には嫌な事件が必ず起きるってこと。

友達の不幸とか色々ね。



とか思ってたら、

…・・・今年もきた。





まだ40歳だった生物の先生がね、先週の土曜に癌で亡くなったそうです・・・。

今日になって話を聞きました。。


彼のクラスは捻くれてて、受講してる人間の半分以上がクラスを落とされます。

つまり、難しいのね。


クラスの内容はしっかりしてて、
切れが良く、男の人にしては少し高めの声と、スキンヘッドの頭。

話すだけで頭の良さが表れるような人でした。


亡くなるには、余りに早いです…・・・。


・・・心より、ご冥福をお祈りします。







また、トラウマになりそう・・。(溜息)


憂鬱 | コメント:2 | トラックバック:0 |

最近、機械類に良縁が無い。。

イライラ。。。。イライラ。。。(`×´) プンプン!!




去年の春先頃、目出度くデジカメが知らない所に旅立ちまして(盗難)、
今回父が持たせてくれたのはLUMIX Fx50でございます。



お父ちゃん、どうもありがとう (o*。_。)oペコッ


で、ブログも復活した事だし、日本にいた頃、京都に旅行した写真などUPしようと思った訳ですよ。

が、

画像が転送出来ない。。


しかも原因がよく分からない。。。(汗)

使っているデジカメはパナソニック、SDカードはIOデータ、SDアダプターはHAGIWARA製を使っております。
SDカードをアダプターにはめて、PCに挿入。
一応認識されいているようなのですが、画像が開けない。。。

当初はSDカードが1Gな上に、家の カワイイにゃんこ の動画を4つほど撮っていました。
「重すぎるのかな?」と思って、
画像をデジカメ内でリサイズし、7Mから2Mまでサイズを下げました。


が、(;´Д`)× ダァメ!


仕方ないので、 とーーーーーっても 泣きたいのを押さえて、にゃんこ動画を消去。
その後残ったのは2Mの画像が50枚。
パソコンはIBM、OSはXP。。。もう、文句はないだろう。。。と思ったら



それでも (;´Д`)× ダァメ!ダァメ!



試しに、他のSDカード(SanDisk)をデジカメに挿入し写真を撮り、PCで認識されるかをチェック。


これは (・ω・)bグッ


つまり、IOデータのSDカードに問題があるか、
アダプターとの相性が悪いか、
写真を保存する際に、何か情報が足りない状態になったと考えました。。


で、試しに、ペイントやら、他の写真加工ソフトで開こうとすると、

『このビットマップファイルは無効であるか、または現在サポートされていない形式です』

 というエラーメッセージが出てくる。


もう (;´Д`)× ダァ・・・・メ・・・!


しかも気持ちの悪い事に、まったく画像が認識されない訳ではなくて、稀に50枚中、一枚だけ画像が表示されたりするのですよ…。
が、それでも転送は出来ない。。


アホが故に、転送用のUSBケーブルを実家においてきましたので、
私の力ではこれ以上は調べられませんでした…。

画像を消すのも嫌なので、このSDカードはしばらく保存します…。。。





                  モ、...(o_ _)/[壁]
憂鬱 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。